医者診断書が必要なお客様

飛行中に起こりうる危険を事前に削減し、お客様の健康と安全のため、伝染病や重度の傷、心臓病などの旅行中に危険な状態を招く可能性があるお客様はご予約時(1666-3060)にお伝えいただき、担当医から発行された所見所をエアプサンにご提出ください。

医者の診断書の発行基準

次の場合、健康で安全な旅行のために、エアプサンの事前承認が必要です。ご予約時にお伝え井田抱き、担当医から発行された医師診断書を航空機出発2日前までにエアプサンにご提出ください。

  • 心筋梗塞、狹心症、心不全等の心血管系疾患がある患者及び心臓手術を受けた場合
  • 慢性閉塞性肺疾患、喘息、肺炎、肺水症、気胸等の呼吸器系疾患がある患者
  • ストローク、脳腫瘍等の神経系疾患がある患者及び脳の手術を受けた場合
  • 最近手術を受けた経験のある場合
  • 現在入院中、もしくは持続的な治療を要する疾患がある場合
  • 急性感染症疾患および伝染性がある場合
  • 精神的疾患がある場合
  • 飛行中に酸素供給を要したり、特殊医療装備の使用を要する場合
  • 糖尿病と特定の物質に対するアレルギーを持つ乗客が医療目的のために注射器を携帯する場合
  • 人工心拍動機、インシュリンポンプ、脊椎刺激機などの医療機器を治療的目的のために、体内に挿入した場合

参考事項

医者診断書を提出された場合でも、当日空港での健康状態を考慮し航空旅行は困難であると判断された場合は、ご搭乗をお断りする場合があります。