航空券の再発行

国際線航空券の再発行
  • 同種の航空券で同国で発行されたとしても、発行先によって販売運賃が異なることがあります。発行先(旅行会社など)から航空会社に販売報告が完了されていない場合には該当発行先に販売内訳の確認が必要です。そのため、変更による正確な差額の確認のためには該当購入先や航空会社にお問い合わせください。 
  • 他国で販売された航空券の場合、該当地域の予約センターもしくは空港支店にお問い合わせください。販売地域との運賃精算内訳の確認が必要ですので、2~3日(時差考慮)かかることがあります。
韓国国内線航空券の再発行
  • 韓国国内線の運賃は、搭乗日・時間・区間によって異なりますので、新しい旅程と以前の旅程との運賃の差額を支払うか、 払戻しの後に新しい航空券を発券する方法で処理可能です。
  • 韓国国内線の航空券の有効期限は一般的に1年です。追加延長はできませんので、その期間内に使用しなければなりません。
  • また、航空券の種類によって有効期限が1年未満の場合や、変更関連の制限事項もあります。詳しい内容は発券先または営業所にお問い合わせください。
  • e-チケット(旅程確認書)は旅程確認書を紛失しても別途のチャージを支払わずに再発行できます。旅程確認書を紛失した場合は、航空券の購入先にお客様の予約記録、姓名、支払い用のクレジットカード番号、旅程などの情報を提供し、旅程確認書の再発行を要請し、航空券の有効期間内にご使用ください。